ありがとう、どんわん。

いまさらですが 
「シンヘソン 神話から新たな挑戦 ~日本デビューまでの軌跡~」
見ました。

彼がどんなにこの初めての日本進出に力をそそいだかが 伝わる番組でした。


なんて 冷静な感想述べちゃったけど 実際は
も~~~~ 泣けて泣けて。
楽屋での鬼気迫る・・というといいすぎだけど 痛いくらいの緊張感が伝わってくる場面だとか
思うように歌えないもどかしさにじりじりするへそさんの姿に もうおろおろしてしまって。

そして ステージでにっこりと笑う 歌うことを楽しんでいる・・・いや
歌うことにココロを注いでいる彼の姿を 涙なしに見ることができませんでしたよ。
コンサに参戦してたら エらいことになってたでしょうな。うはは。


最初は冷静に見てたのですよ。
だって
しょせんは「日本進出のための プロパガンダ的番組じゃないの?」ってな気持ちもよぎらなかったわけじゃないし。
「初めての日本進出」「準備段階としての これまでのソロステージ」って言葉に「おいおい」って思わなかったわけじゃないし。
(いけずであまのじゃくなワシをゆるしてくれ)

・・・でも こんなに彼が気持ち 心意気を見せてくれるなんて 正直 驚きました。
ソロ活動がメインになってしまって それこそ みんな入隊しちゃったから
たった一人でがんばらなきゃいけない 今の状況だからできたことなのかな。
いままで「みんながいたから」みんなの後ろにいて
それこそシャイな彼だから 前で話を盛り上げてくれる弟たちの影で 静かに自己主張してたりしたんだけど
でも 今度は ホントに一人。気持ちが入らないわけないよね。


それだからか うまくできなかったときのあの落ち込みようったら・・・・・・
(「カメラ遠慮しろよっ!」って ツっこむ愛をまだもちあわせてたぞ@おろおろ度がピークなワシ)
「ちょっとひとりにしてくれる?」に 極度にキンチョーしました。ヤな汗かいてたし。(うはは)


そのプレッシャーをうまぁぁぁぁく解きほぐしてくれたのが どんわんの心遣いで。
「おかしなメッセージですね。」
あの いかにもドンワンなメッセージ(クス)が 届いた そのことが
どんなにへそさんの心をとかしてくれたことか。


仲間って・・・やっぱすてきやん。
(どんわんって やはり ステキなおとっつぁんだわ。)


シナって やはり ステキ。大好き。




だがしかし
ご両親に話を伺いに行くのはいかがなものかと思ったりもしたな。
つか 友達はいないのかぁぁぁぁぁあっ?!(クス)


今度コンサの折にお会いできでもしたら ご挨拶しなきゃだわ。
「福岡に来たときは ぜひお世話させてください。」と。(うそ)





これをきっかけに どんどん お茶の間にも進出・・・してほしいようなしてほしくないような。
BSとかのメインでないところでの活躍のセンでどうかひとつお願いしたいです。






スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。