mature

  • Day:2010.07.16 00:48
  • Cat:音楽
まだ ワシが小娘だったころ この言葉を軽く目標にしていたんだけども
いかんせん まだ小娘だったので その意味を深くは理解はしておらず。

ただ 大好きな彼等
・・いや「大好きな彼のとなりにいつもいる人」がエッセイにつづったこの言葉を理解したかっただけで。

文字通りにも 世間的にも「Mature」なお年頃だとなんとなく感じる頃になって
(Forty-five is a mature age.45歳は分別盛りだ.←うぐぐ)
当時の彼等をみてみて やっと彼のいう「Mature」がわかったような気がします。

「今の20代の精神年齢は 昔の10代のそれと同じくらいなんじゃないか」
そうおっしゃる方がいらっしゃったんですが 
それは 今の平均寿命を鑑みたら 「さもありなん」な話ではあります。
むかしにくらべて「おぢさん」「おばさん」が少なくなったなぁっておもってたんです。
むかしはもっと「おっちゃん」「おばちゃん」っていたように思います。

それは 努力したからこそなんでしょうけれど 
その「努力」は 「Mature」よりも「若さ」にむけているものじゃあないのかな。
なのに 努力しなくても十分若いころに あえて「Mature」を目指した彼。
ライブの様子からも 容易にソレを感じることができます。


だって
この映像の彼等の世界観というか かもし出される雰囲気は 20代のソレには見えないもの。

まさに・・・・「Mature」。







・・・いや~~~~ Youtubeってすごいわ。
当時どんなに「ソレが見たい」と熱望してみたところで 見るすべがなかったんだもんなぁ。
フィルムコンサート(懐)だとか NHKの気まぐれな特集とかでしか この映像みられなかったんだもん。

今になって この映像がこんな近い距離感でもって見られるなんて、「生きててよかった~~」です。



今みても Steveのドラミングは うさぎさんみたいで キュートだわ~~。

(鍵コメ様 ステキな情報をありがとうございます。)

(だがしかし ウサギはドラムをたたかない(笑))






・・・・うぅぅぅ MickのBass ってば もう 天下一品。
素人が見たって「尋常ならないもの」と感じるもの。


あぁぁ 神様っ!こんなにステキな人をそんなに早く連れ去ろうとしないでください。

スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。