「君に届け」

いいトシこいて…と言わないで~


春馬が女子の手をひっぱって
「ごめん。ガマンできなかったんだ。」
て あの場面が見たくて、つい魔がさしました。

すんません。


とはいえ、ワシもいいトシなので、まさか泣くとかホホ赤らめるとかはないだろうと、
タカをくくってたんですが
すません


なななな泣いちまいました。

ヤられちまいましたよ、風早クンに。

(はははずかしー

その日はチビコがお友達とやはり同じ映画を見てまして。

帰ってきて一番最初にチビコに言って聞かせたのが


チビコや。

風早くんのようなものわかりのいい男子は

スクリーンか漫画か物語の中にしかいないんだからね。

ゆめゆめ勘違いしてはなるまいぞ。



・・・って そのくらい ステキな男子だったのよ、春馬。(え?)
満面のさわやかな笑顔のシーンも
ちょっと あたふたしたような ハずした表情も
も~~~ とにかくっ!!たたずまいとか空気とか すべてに マルっ!!ざます。



胸の奥がきゅ~~~~ん とする あまぁぁぁぁぁぁぁいお話でした。








それはともかく。

ワシの隣にすわったカップルってのが また このさわやかな かわいらしい恋愛の映画を見る態度では
ぜんぜんなくって。

くらやみでいちゃつくわ しゃべるわ ケータイあけるわ。
挙句の果てに
「@@ちゃんの隣のおばさん ないてるし。クスクスクス。」
と 彼氏が彼女に耳打ちとかしてるし。


おいおいおいおいおい 話す内容は きっちりこっちの耳までとどいてるっちゅ~のっ!!


も~~~席にすわるときから 「こいつら・・・(手はぐーで臨戦態勢)」な二人だったのだよ。


「・・・・なんでこの映画を見ようとおもったの?」って聞きたくなるくらいの チャラっとして男女で。

映画が始まったとたん 彼女に抱きついてる空気が漂い始めて・・・・・


「んだったら カップルシート行けやっ!」っていいたいくらいな空気が漂ってきて
(「いやん」って声まで聞こえたる始末)



映画を見るならそれはそれでええんだけど 

いちゃつきたいならば

そういうシート用意されてっからそっちで見てくださいな




んまったくっ!!
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。