えぇぇぇっ?!

シネリーブル博多が閉館ですって?!


いやああああああっ(泣)

シネコンが幅利かせてる昨今、この手のこじんまりとした映画館、
「マニアック」とまでいわれてしまうような映画を楽しめる映画館は
こういう道をたどってしまうしかないのだろうけど・・・・。

「しみじみ味わう映画」「興行成績云々に左右されるだけにとどまらない映画」を
ゆったりと 時としてにわかに緊張しながら 
時として理解できるかどうかの「駆け引きめいたもの」に身をゆだねながら見る楽しみが
こうやって失われていくのは しのびないなぁ。

映画って 便利に気軽に「レジャー」として楽しむだけのものじゃないんじゃないかな。



って そんなかっこいいこと言ってるけど(笑) そんなんだけじゃないんですって。

なんやかんやいって この映画館には なみなみならぬ思い入れがあるんですよ。
香港映画をきっちり 忘れずに上映してくださってた映画館ですし
「韓流」の波がくるずっと前から 「韓国映画」を上映してくださってた映画館だったんですよ。(ね?)


ここで 伊健の映画をワクワクしながら観ましたの。
いわば でえとスポットだったわけで(笑)

それがなくなっちゃうのは さすがに ツらいです。もったいない。

スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。