以前とは違う感覚 (2)

新しい仕事がはいって ちょっとバタバタしてるここんところなんですが
今日の ホミンちゃんたちの話がアタマから離れなくて ずっと考えてました。


残酷に過ぎていったこの二年(・・って 二年になる?(ひゃぁぁぁ))
彼らはどんなキモチで過ごしてきたのだろうなぁ・・・って。

っていうのも
「お二人の最初の印象ってどんなでしたか?」の質問に 
チャンミンが
「ユノは怖かったです。「いい加減なキモチではじめるんだったら やめたら?」って言われたんですよ。
だから どう接したらいいかわからなかった」って。

そうだ。ユノはそういう子だったよね。

さらに

「コーラスがセールスポイントの東方神起で 二人のパートが違いすぎて調和をとるのが難しかった。」
(ユノは低音担当でチャンミンは高音担当。音域の差が大きいので あわせるのがタイヘンらしい)

と。


そうだよね、日本デビューのときは「アカペラ」してたもんね。


二人の活動について 「何か違う」と思ってたソコは二人もちゃぁぁぁんとわかってるんだなと
ちょっとしみじみもしちゃいました。

しかし「タイヘンな道」を選んじゃったもんだなぁ。



なにがあっても 自分で決めたことは遣り通す そんなコだったよね。ユノって。
そういう「お兄ちゃん体質」が スキだったんだった。(って 思い出すほどのことではないが(笑))

それがどんな選択であっても「自分でこうときめたら押し通す」のがユノのいいところでもあるし
でも「めんどくせー」トコロでもあって。


これからまたいっぱい活動をがんばり続けることだろうけれども
どんな風に言われようと 自分の決めたように突き進んでいくんだろうな、ユノ。

チャンミンも やわらかい感じがするけど 絶対にぶれないからなぁ・・・・


似た要素が多いから きっと添い遂げることだろうなぁ・・・・



なんてこと思いながら仕事してました(仕事中はほかごとしないっ!!<おい)

スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。