すべてが興味深し。

やっと「ワタシが恋愛できない理由」の今週版を見ました。

じりじりもイライラもドキドキもそわそわも フルコースしましたね~、さすがに。

カリナちゃんの「新しい恋」と「まだ引きずってる過去の恋」との決着のつけかたも気になりますし
(たぶん あきらめきれないと思う。サバサバしてるからかえってそうなるんじゃないかと。)

稲盛ちゃんの「なんでもできる女性にありがちな落とし穴」をどう埋めるかってのも。
(バブルあたりの頃に社会にでてバリバリ働いてきた女性の話にありがちな「落とし穴」というか「壁」なんじゃないかと。)

吉高ちゃんの「おいおい これからどうするつもり?」ってのも
(彼女、ファザコンなんだろか。どうして「ちょっと弱ったおっちゃん」にそこまで・・・・)

大島ちゃんの「報われない恋に苦しむ自分をいつまでもかわいがってちゃアカン!はやく目を覚ませっ!」
(「処女だから重い」のではなく なんか どっか「勘違い」というか・・ん~~ 
・・・っと、なんか「女子」なんだよね。うまくいえんけど。)

もすべて 興味深し。


そうそのなんていうか「良くも悪くも共感できるところ」がおもしろいのかなぁ このドラマ。




あ・それと。
倉科カナちゃんと エグザイルの人のお見合いシーンに ぶっとびました。
だってぇぇぇぇ 羅羅ちゃんママと海斗くんパパがお見合いしてんだも~~~~ん(爆)


あのドラマにでてたかたがたを最近よくTVCMなんかで見かけるのもオモロイです。
ダイハツのCMに 爽くんパパがでてるし、ポリデントのCMに彩香ちゃんが出てるし。



あっ!!そういえば!!
吉高ちゃんと 稲盛ちゃんのあいだで揺れるおいちゃんは 彩香ちゃんママと事件があった結城先生だ(笑)


フジテレビってば(笑)





先週はカリナちゃんの件に「ムキー!!」ってしたけど
今週は やはり 稲盛ちゃん。


なんでも努力して多くのことを手に入れることができたけれども 
「一人の努力じゃなんともできない課題」ってやっぱりあるのだ。
ややをつくることは 一人の努力では ど~にもならないことで。

また そこまでがんばり続けて「自分のやり方」ができてしまうと、なにもかも「征服した」かのようになるもので。
人に頼むこと 任せることが だんだんできにくくなってくる。

「子供が欲しい」つってつくろうとなると、どうしたって「相手の協力」がいるし、
そこには割と「心遣い」というか「思いやり」が必要となるんだよな。


「ワタシ、子供がほしいの」


この言葉って けっこう「思いやり」にかけちゃぁいないか?
あいてあってのことだから「話を切り出す」ってことでそうゆうたのかもしれないけどさぁ 
もちょっと相手の存在も思いやってあげてほしいんだがなぁ。「アナタの子供が生みたいの」・・
はちょっと気に染まないか。
んじゃ 「家族をつくりましょうよ。」ん~~~ちょっと違うか?



「結婚したとき コドモはいらいないっていっただろ?」



いたたたたたた

「おいおいおいおいおいおいおいおいおい、そんなことゆうたんか。
なのに今頃になって突然そんなことゆうたら そりゃアンタも酷やわ」です。

そう そのとき(結婚した頃)は出産のタイムリミットがあることは知ってたけど
仕事のほうがおもしろくて・・子育てを具体的に考えられない状態にあったのだろう。


そんなもんだよね。



・・・こういう不器用さ というか
そういう様子が 共感できたりもする。
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。