こんがらがるにもほどがある。

この記事を読んで ワシもう胸が痛くて痛くて・・・

ていうか これっていつから「五人の不和」問題になっちゃったんだ?
ま・・まぁ その側面もあるだろうけど、
ワシの認識じゃ「SMへの抗議」だったんだがなぁ。


てか、なんか対応がすっきりできてないのが見てらんなくなっちゃって知らんかおしてたのだ。
だが、そっか~、いつの間にか二人も片棒かつがされちゃうわけだな。


「残る」からには それも覚悟の上なんだろうけども・・・



でも 五人が同じテーブルでああいった場所で話し合って
その後「和解したから さぁ 五人で活動しよう!!」って なれるものなんだろうか。
こじれるだけこじれたのに「さぁ 気を取り直して五人で」って
そんなに 簡単じゃぁないよねぇ・・・

記事も あおるだけあおるような書き方で いかにもなゴシップ的な書き方で
すっごく気分が悪い。





この雑誌 オンマの情報源であるので また落ち込んだ声で電話してきそうで ヤだなぁ・・・・

あ~あ。




どこをどう見たって「三人」のほうがのびのびと仕事してるように見える・・というか
むしろ「逆風」をも我がのちからにしてるように感じてるんだよ。
逆に 看板が大きいからこそ、己がクオリティを下げちゃあなんないと
力はいりすぎてかえってガチガチになってる二人。

こういうときだからこそ「五人」で・・って思いたくなるだろうけど・・・・・



はっきりってどっちもみちゃいられないのだ。
「出る杭うたれっぱなし」な三人も
「産みの苦しみ」の二人も。


かといって ぎくしゃくしない五人の活動を期待できるかといえばそうでもないだろうし・・・







こんがらがりまくりで 整理つかないよ。んまったくっ!
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。