がっちり。

  • Day:2013.07.25 00:08
  • Cat:神話
2013 Shinhwa Grand Tour The Classic in TOKYO



行ってきましたよ、ついに。
も~~~ ワシには5年ぶり?
最後に彼らのライブみたのは 入隊前の
そのときは「最後の」といってたあのさいたまアリーナのコンサで。
もう なんだかもう ただただ「活動停止なんて、もう、どうしよう(泣)」でしかなく。
そして きっと彼らもそれは同じだったと思うんですよ、今にして思えば。
日本活動もちょっとやってみた、事務所問題もあれこれあった・・・で
そのうえ入隊も控えてるとなったら コンサの構成もぎゅっと固めることが困難だったんではないかと。
すごく あわあわして見ていながらも どっか「とっちらかった感」が実はあってて。
(もっというと 配布されたあのオレンジのアレの取り扱いのぐだぐだ感も「なんだかな~」だったですよ、実は。)

で 今回。

前回の「とっちらかった感」が微塵も見えない 
むしろ がっちり固まった そして 余裕ぶっこいちゃってる感まである
充実したコンサートでした。

あ・ワシは2日目の参戦だったんですが
その前日にミヌちゃんがお怪我なさったという話を伺って。
出発当日の朝からもうとっても心配だったんですが・・・
でもまぁ そこはそれ あの「俺様ミヌ様」だから ちょっとやそっとではへこたれずにこなされるだろうと
半ば安心して出かけました。(それよりも へそさんだよ。うっかり怪我なんかしてたらどうしてくれよう、と。)

あんまりブランクがありすぎて 自分の「シナ愛」にすごく疑問をもっていたのですよ。

だってぇ・・あまりに情報収集していないし コンサ参戦状況が「それでもぺん?」なレベルだったので
あの残念なイトシのへそさん(いい年のへそさん では決してない。@断言)に合わせる顔がないなぁと。


・・・・・でもでもでもでも!それは杞憂でありました。
会場にはいるやいなや もう涙目でありました。
「あ~~~ どんなんやろ、みんな。」って気持ちと皆さまのワクワク感との相乗効果で
もう 始まる前から 目はウルウル。
もっとも、心臓がのどの奥から「こんにちわ」するくらいに驚いちゃった良席具合だったってのもあるんですが。(てへ)
とってくださったお友達のおかげです。ちょんまる かむさはむにだ。
マジで、ほんとに大声で

「きいてないよ~~~~っ!!」

っつっちゃったくらいで(てへぺろ)



今回のコンサ なんか「一体感」というか
「ベクトルの先はしっかり見えてるから。」といってるかのような
シナさんたちの「団結」っぷり、そしてペンとの一体感が とても心地よかったです。

「一体感」・・・それは ひょっとしたら「MCの内容が多少なりとも理解できるようになったせい」
だからかもしれない。でもそれ以上に。
みぬちゃんのトゲトゲしさが和らいだこと。・・なんか ひとまわり大きくなったように見えたんです。
(実際はどうなんだ?え?おっきくなったのか?)
えりくの安定した「うしろからエリク」っぷりが ツボだったこと。
じんちゃんの相変わらずのハンサムかつ 変わらず無邪気だったところ。
どんちゃんの 日本語の補助がほぼ完だったこと。
えんでーの額。(「ちょっと哀愁すら漂う」額の風格)


そして 相変わらず無邪気でカッコよくて 歌のうまか~なところ。
これ「絶対ヘンだってばっ!」という目で見てた
体操服のような ちょいとだる~~~んがはいったようなおずぼん姿の可憐さ。
も~も~とにかく

へそさんがかわい~でかっこい~で。

実際、今回のへそさんにはヤられたという方の声を多数・・いや 2,3か?
ま・いいや とにかく そういう声もお聞きしました。はい。
かくゆうワシももれなく くねくね見ちゃってましたよ。だって かわいかったんだもん。
とってもとってもとってもとっても。うふふん。



今回のコンサは がっちり脇も固めて、舞台演出も がっちり固めて。

This Love 活動の折にめっさ目立ってた 
ちょっとくねっとしながらも きれっきれで踊る彼が同行していないかと 


このかただす。みぬちゃんとカラむのが多いのですが、だからこそめがくぎづけで。

ワクワクしながら見てたんですが 残念ながら確認できず・・・というより 彼を探すミッションのために
へそさんの最後のささやきまでも聞き逃すという 失態を。うぅ。

その失態をさしひいてみても 全体的にとても落ちついて楽しめるというか
「俺らも楽しむけど 君たちもひっぱってってあげるから。」というような余裕が感じられました。
なんかねー、
気がつくと 彼らにすべて身をゆだねて コンサ楽しんでました。


古い曲は アレンジがかえてあったりするからわかりにくかったんだけど、
そうであったとしても、新たな「自分達のもの」として、しっかりこなしてる彼ら。
アーティストとしてもしっかり腕あげてます、彼ら。
(むしろサビあたりまできて やっとわかるというワシにやはり問題が(泣)ね?「ソレデモペン?」だべ?)

でも曲調変わったとしても、いい曲はいい。
だからこそ もりあがるしね~~~~~。

あ~~ ますますシナだいすきやわぁ と思う次第で。





にのうで。(謎)




プチ上京物語なぞしますとですね。
その日の寝床に向かう途中 駅での選挙演説に遭遇しまして。
それがまぁ ワシの縄張りでは見ないような「元アナウンサー」の方だったからさぁ大変。
「うっわ~~~~ さすがは江戸だいね。公約のパンフレットをお土産にしちゃおうっと。」
ワシの一票があなたのお役に立てるかどうかは存じませんが まぁ とりあえず パンフ頂戴。
と 一枚いただいていきました。さすがやね、東京。

(でもできたら メロリンQでおなじみの「@@@@たろー」さんだとか
江角さんとはどうなったのか「@@@@ロー@@@」さんだとかの演説も見たかったざます。)


そしてそのあと しんおーくぼ散策。
M-netカフェが今年もオープンして Code-Vくんプロデュースのなにやらがあるだの
お友達ご推薦の「Pure」ぐんたちのステージがあるとやら なかなかお目にかかれない好情報満載だったのですが
この日はお友達と「大使館」でパッピンス



(実は 人生初パッピンス(笑))

たべたりサムギョプサル食べたりしました。




んまかったよーーー!

(入口には ヒョリちゃんや 向井くんだとか パックネ大統領のサインが所せましと並んでました。
なんとっ!!「シナさんたちも訪問されました。」と。サインないから にわかに信じがたかったんですが
ま・・まぁ ヒョリちゃんもいらっしゃったってのは うれしかったです。)
ご飯あとは 雑貨をおもに見て回ったんですが
(シナコンの前ですので ほかの子のグッズにうつつを抜かしてる余裕が実はなく。くす)

雑貨屋さんでの話です。
チェックしてたお店に突入したところ、そこの店員さんがとっても可愛くて。しかもすすめ上手で。
(よくし 韓国の方でした)
「えぇぇぇいっ!今買わなくて後悔したって 次はしばらくないぞ。思いきれっ!」という気持ちがムクムク。
そんなこんなで アクセサリー物色しつつ
言わんでもいい話までしながら その雑貨たちを見て回り。

「私ね、今日シナさん見るために 福岡からきたの~~」と 
ちょっとウリオンマのような雰囲気でお話してたら その彼女
「えぇぇぇぇぇっ!!私もシナ大好きで~~、いいですね~~」と。
それだけでも そ~と~ うれしかったのに 
「ワタシィ チュウガッコウノコロカラシナがダイスキデ。ヘソンがイチバンスキデス」
とまぁ 幸先良い話もあり~の かわいい雑貨も買え~の 
とっても オモロ~|!!なしんおーくぼ散策でした。Gちゃん ありがとね~。


雑貨買いに現地に行くか。
また新おーくぼに行くか。

どっちにしても また 雑貨見にいきたいよ~~~。
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。