2014 Arena Tour"High Kick"

いん ふくおか。


一時間ほど前に帰ってまいりました。
行く前まで 一人参戦だったし「招待券」での参加のため めたくそ緊張しておりましたが
結果

とっても納得できるコンサート

でした。

キャパがとても生きるステージ配置で(ご参照ください)
ワシは 三階席の一番上(てか 後ろ(笑))のシートが与えられたんですが
彼らの姿を10㎝くらいの大きさで確認することができました。(だいたい1/20の縮尺か。)

「いけるじゃん。」

とほくそ笑みましたが・・・・そうはいかなかったです。ぐしゅ。
「ステージを降りて 自転車やキックボードに乗ってぐるぐる会場を回る」やら
「歌いながらテージを降りて 客席に」やら
お約束の「銀テープ」も 明らかに二、三階席に届かない角度で発射されたり・・・・

ほんのり「お金出してない方には それなりの対応させていただきます」な意図が見えるわけですよ。


そもそも「招待券」のワシらには 「お出迎え」がなかったのだっ!


むきー!!

「ロハな奴らは それなりの対応だっ!」か?(倍返しだっ!<違)

でもまぁ、初めて行った彼らのコンサートなんで 楽しんきましたがね。


招待に関してのグチはこの辺にしておいて
というか ホント お金出してみたほうが絶対いいコンサートでしたってっ!!(押し寄せる後悔)
チビコのあーだこーだ無視して ちゃんと席とっとくんだった!!

ってくらい ホントに久々に満足できるコンサートだったです。


「日本(語)デビュー」してないからってのが「よかった」と感じるそもそもの理由なんですが
(あくまでも「外タレ扱い推進」なので)
ワシが見たかった「彼らの姿」がほぼ見られたのが ホントによかったですよ。

MCも 「ちょっとは日本語も勉強してきたぜ」な程度にとどまってて 大半は 通訳さんが入ってくださってました。
で 本人たちもトークを一旦停止して 通訳してもらって、その後また話始めるという なんかこう
いろんな配慮(ペンたち向かってやら 通訳さんにむかってやら)を見せてくれて なんかうれしかったです。

さすが えんでーちゃんの息子ちゃんだなぁと・・
ほら なんかシナさんたちがしている日本活動のスタンスに通じるものを感じてしまったわけで。
シナさんたちの日本活動って むかーしは そりゃ日本語の歌も頑張って歌ってたこともあるけど 
それ以来 距離あけておられるでしょ?
まぁ いろいろあっての選択なんだろうけど ワシとしては その「距離感」が心地よかったりもするわけで。
ある種の「あきらめ」というか「地元活動ありきで好きになったんだしね~」という「開き直り」というか(笑)

なので 今回のてぃんたぷちゃんたちのスタンスも とっても「納得の心地よさ」であったわけですよ。


好きな曲は もう ぜんぜ~~~~~~んぶ聞けたし(もちろん韓国語で)
ダンスはやはり「圧巻の統一性」だし ソロもうまいし・・・・・

あ。思い出した。

ニエルとチャンジョのダンスが もう 「セクシー」というか「なまなましい動き」の場面があって
も~~~ おばちゃんドキがむねむねしちゃいましたわよ~~~~(焦)

「息子のベッドの下に隠してあったエロ本やらAVを見つけた母の気持ち」ってこんなんなのかしら・・・・て(恥)
でも、こいつぁ ちょーっとチビコには見せられんぞ と思った(アホ母)

んでもって えるじょが ちょっと残念だったのだ。
オレンジレンジさんの「花」をうたったんだけど なんでかも~ ど~にもこ~にもキーが低すぎて
本人もちょっと焦ってる風だったんだけど もうこっちが息苦しくなっても~て・・・・
緊張してたんかなぁ(笑)

あとの三人は 心配のしの字も思い浮かばないほど もう うっとりざました。
特にRickyちゃんがね~~~
ウィーン少年合唱団かと思うくらいのうちゅくしい声ざました。うっとり。
しかも 二階席からひょっこり現れて(うちらにはお尻向ける方向で)歌っちゃってくれるから まぁ大変。
やっぱさ ダンスしまくってるからか 全体的にキュっっとしまってて いいもの見せていただきました。

今回 彼(Rickyぐん)は もう ホントに愛されキャラだとつくづく感じました。
だってね MCのとき「腹筋みせて」って言われたんだけど ちょっと躊躇してシャツの前ボタンを何度も触るんだけど
そのあと
「あ・・・・ ボク、腹筋は韓国においてきちゃったんで また今度にします。」って。
「てへへ♪」って笑いながら。

んも~~~~。かわいいっ!!

ワシはリッキーにはそれを望んでおらんので 忘れん坊大臣のままでいててぜんぜんええですって。
そのままのキミでええです。はい。筋肉ムキムキにはけっしてなっちゃぁいけねぇよ?


おっと 話が横道にはいっちゃったですな。

とにかく。
このまま(日本語で歌おうとか考えなくて全然いいですから)このスタンス保っていってほしいなあ。
次回は絶対お金出して馳せ参じますので。(チビコ連れて)

それよりも ソウルコン 頑張ってね♪
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。