ありがとう。にゃごや。

20090620212746.jpg

めちゃめちゃ楽しかったです。


「にゃごやはアツイ」と聞いていましたが
「んでも福岡もそ~と~アツイんですけど」と思ってたんですが
なんのなんの 福岡よりもずーーーーーーーっとアチかったです。

だってさ、彼らのノリがハンパなくアツいんだも~~~~~ん!!

あのかわいいかわいいワシのバンビが(て おい
「ひつまぶしにはオトコに いいものがはいってる」
なぁんて そんなアダルティなことを サラリと口にだせるほどに
トばしてました。


んもぉぉぉ…チャンミンてば。

あ 「てば」といえば。

Box In The Ship は
ユノ…「手羽先」
ジェジュン…ジェジュンが醤油びんもって「ど~ゆーこと?」とフり
会場が「しょーゆーこと!」(うはは ナイスだ、にゃごや(笑))
チャンミン…「なごや」
(いまひとつで賞進呈…つかチャンミンだから仕方ない(謎))
ミッキ…みんなオッケー!
シアちん…ひつまぶし(ほぼ予想どおり)
(しかもうれしさMAXな笑顔)

でした
チャンミンはヒョンたちからちょっとした放置プレーされてました。
お仕置きだべ~の意味ですかね。うふふ。
現時点(追記は22日に行ってます。)では もう地方の最終公演も済んじゃってますが
しかも最終公演には ジェジュン&ミッキの泣きがあったとも聞いたので 「今さらジロー」なんですが
まぁ ワシの今年最後のトンコンの思い出話ってことで。



ほんとに楽しそうでした、彼ら。
最初っから汗吹き飛ばして歌ってました。
長い公演の間に すっかりリラックスしたのか 「歌うこと」「踊ること」をココロから楽しんでいるように見えました。
「大好きな名古屋」だったせいか ちょっとしたリキミもどこかに吹っ飛んでいってたみたいに見えました。
「あと2回」って思いもどこかにあったのかな・・・・・・

そんななかのトークです。やはり出たのは食べ物の話で。

ジュンス「あ~ 昨日はやっとひつまぶしを食べたので ホント元気がでました。」
ユノ「ほんと うまいですよね~。はじめて アレをたべました。え~と・・・・・」
ジェジュン(だと思う)「キモ」
ユノ「そうそう!キモ うまいですよね~~」
チャンミン「ひつまぶしは 本当においしいですよね~。元気も出るし。
      ひつまぶしを食べたので 
朝 ボクのカラダに変化がありました。 」(しかも うれしそうに)

ちゃ・・・・・・ちゃ~ん~み~~~~~~んっ!!!
いいいい・・・いま 
じじじじじじ・・・自分が 
なななななななな 
なにをゆうてるんかわかってる?!!
つか 
どんな変化があったのっ?!
オバハンに教えてっ!!

てか
・・・・オトコノコハダレデモアサヘンカガアッテルンジャナイノカ?
ねねね ユノもあったかどうだか聞いてみてっ!!@ワシ ココロの叫び


そこで あわててシアちん「「そ・・それは ダメだって~~」ととめにはいって。

チャンミン「なんで そんなエロいこと考えるんですか?
     そういうふうに考えるほうがエロいですよ~~~」


・・・・チャンミン。その抵抗は日本語で「墓穴を掘りすすんでる」というんだよ。
そっからさき もう ズブズブと底なし沼のように 「チャンミンはエロい」の方向に暴走してしまって。
も~~~チャンミンが方向を変えようとすればするほど
どんどん 雪の斜面をころげおちる雪玉がどんどんおっきくなっちゃうように
「チャンミン エロい」になってしまって。もう収拾つかなくなっちゃって(笑)
ジェジュンもミッキも もう 転げまわって大笑いするしかなくって。
いくらチャンミンが違うほうに話を持っていこうとしても 
ど~しても ひつまぶしの話にもってくヒョンたち(と ペンたち。)

「みなさん そんなにエロい話を聞きたいんですか?」と ほんのりキれるチャンミン。
・・・・・その キれかたが まことにかわいかったざます。

若いお嬢さんをからかうおっさんの気持ちが痛いほどわかった瞬間だったです。
あ~~~ ホンとかわいい チャンミン。

お友達に チャンミンの体調が心配だとのメールをいただいて 
若干心配しながらステージみてたんですが
この瞬間 「あぁ 変化があったのね。」とムネをなでおろしました。
栄養補給って 大切よね。

それまでも パワフルなステージをみせてくれてた彼らですが トークで気分が盛り上がったのか
そこから先も もう これでもかというくらいにパワフルなステージを見せてくれました。

今回のツアーは 男性や小さな子のすがたを目にすることが とても多くて
「ホントの評価」は そこにこそあると思うフシのあるワシは とってもうれしかったんですよ。
ワシの席からみえるアリーナ席に 年のころなら4~5歳のちっちゃな子がいたんです。
ダンスチューンでは おかーさんに負けないくらい一生懸命ペンライトふってステージを見てたんです。

「あ~~ ほほえましいなぁ」と目のふちに捉えてたんですが
ウリユノがソレを発見して その子にむかって満面の笑みで手を振ってあげたり目をみて歌ってあげたりしてまして。
「あ~~~~ユノの子なら産んでもいいぞ (どう考えてもムリだけど)」と
つい ココロの中でつぶやいてしまいました。

したら そのあと ジュンスやミッキまでその子に微笑みかけて・・・・・・・

えぇぇぇいっ!みんなまとめて面倒みちゃる(ってなんの?)」
この時点でも「明日はひつまぶし食べなきゃ」と再度決心したワシでした。(イタタ)
まちがいなく あの子たちはいいお父さんになるです。はい。絶対。ならいでか。

いつも以上にバラードはココロにしみましたし ダンスはパワフルでしたし
つくづく「がんばっちゃう甲斐がある」コンサートだなぁと。

毎年毎年 めざましい飛躍を遂げ続けてます。来年はどこまで大きくなるんだろう。
そしてまた チケットがますます取れなくなっちゃうんだろうな。(うぐぐ。それだけは避けたいぞ)


アリーナで とはいいませんので 全体が見渡せる 今年レベルの席で十分です。
(ホントはユノと目が合ってみたい(おい))
お願いですから来年も こういう幸せな気持ちにさせてください。

ホントに楽しかったです。もういわば「お祭り」。
(福岡には「ヤマのぼせ」って呼ばれる「博多山笠」に命をかけてるおっちゃんがいるんだけど
ワシ(ら)の場合は「トンのぼせ」かもしれないね。>Yちゃん。)

あと半年 なにを楽しみに過ごそうか。はぁ。


スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。